予防技術検定関連

予防技術検定関連

≪2020年≫消防法や建築基準法の法令集はどれがオススメ?ベテラン査察官から新米予防担当職員まで実務に役立つ書籍を紹介!

火災予防の仕事をしていると法令に基づく業務や指導を行う機会が多いですが、知識の更新や実用書の更新は欠かせません。しかし、手あたり次第に書籍を購入していては学習効率も悪く、費用ばかりが掛かってしまいます。長年火災予防の業務に従事した私が実際に購入してオススメできる図書をご紹介します。
予防技術検定関連

予防技術検定 消防設備 過去問&類似問題&予想問題 その4(消防同意、消防設備の設置維持義務、飲食店法改正、特定小規模施設)

予防技術検定の消防設備や共通科目では消防同意や消防設備の設置維持義務についての問題が必ずと言っても過言ではない頻度で出題されます。これらの王道問題を確実に得点するためには問題のトライアルアンドエラーの繰り返しが非常に重要です。このページでは消防同意、消防設備の設置維持義務、飲食店法改正、特定小規模施設についてのチャレンジ問題に取り組み、自己学習が可能です。
予防技術検定関連

予防技術検定 防火査察 過去問&類似問題&予想問題 第4回(防炎、防対点検、行政手続法)

防火査察区分や共通科目で頻出分野である防炎対象物品や防火対象物の定期点検制度、行政手続法に関連する問題を厳選しています。特に違反処理標準マニュアルに関連する問題は必ず出題されると言っても過言ではなく、警告や命令、不利益処分での意見陳述のための機会の付与については正しく理解する必要があります。
予防技術検定関連

予防技術検定 消防設備 過去問&類似問題&予想問題 その3(建築基準法の用語の定義と消防法)

予防技術検定の消防設備区分で建築基準法関連の用語についての問題は必ずと言っていいほど出題される分野です。効率的に学習するためには問題にひたすらチャレンジすること、実際の建物のイメージと知識をリンクさせることが大切です。建築基準法関連の用語を押さえて合格を目指しましょう!
予防技術検定関連

予防技術検定 防火査察 過去問&類似問題&予想問題 第3回(3条、5条、5条の2、5条の3命令)

防火査察区分を学習するために重要な消防法における措置命令に関連した問題のみを厳選しています。措置命令での命令要件や命令権を有する者を学習することはもちろんですが、違反処理マニュアルやそれに伴う通知文での質疑応答内容も試験に頻出しています。
予防技術検定関連

予防技術検定 消防設備 過去問&類似問題&予想問題 その2(消防設備の種類、点検報告制度)

予防技術検定(消防設備区分)の過去問や類似問題、予想問題について回答とミニ解説を掲載しています。多くの問題に取り組むことで苦手分野や自身の知識の穴を知ることができます。今回の内容は消防用設備等の種類、法第17条の3の3に基づく点検報告制度です。
予防技術検定関連

予防技術検定 消防設備 過去問&類似問題&予想問題(検査の受検義務、無窓階、検定業務、17条の4命令)

予防技術検定(消防設備区分)の過去問や類似問題、予想問題について回答とミニ解説を掲載しています。多くの問題に取り組むことで苦手分野や自身の知識の穴を知ることができます。今回の内容は消防検査の受検義務、無窓階の定義、検定12品目、17条の4命令です。
予防技術検定関連

予防技術検定 防火査察 過去問&類似問題&予想問題 第2回(統括、法8再講習、自衛消、防災管理編)

予防技術検定(防火査察区分)の過去問や類似問題、予想問題について回答とミニ解説を掲載しています。多くの問題に取り組むことで苦手分野や自身の知識の穴を知ることができます。今回の内容は統括防火、甲種防火管理者の再講習、自衛消防と防災管理です。
予防技術検定関連

予防技術検定 防火査察 過去問&類似問題&予想問題(法4条、法8条、法8条の2の4編)

予防技術検定(防火査察区分)の過去問や類似問題、予想問題について回答とミニ解説を掲載しています。多くの問題に取り組むことで苦手分野や自身の知識の穴を知ることができます。今回の内容は防火管理者と消防法第4条の権限についてです。
予防技術検定関連

≪令和2年度≫予防技術検定を最短合格する方法! 予防技術検定合格に必要な学習時間と勉強法とは

火災予防のスペシャリストへの第1歩となる予防技術者検定を合格するために必要な学習時間と勉強方法を解説します。今年度の予防技術検定は令和2年12月6日(日)に予定されており、予防技術検定合格のためには毎日2時間程度を2~3か月継続する努力が必用です。その努力の方向性は「法令文を正しく理解すること」に向ける事が重要です。
タイトルとURLをコピーしました