消火設備

消火器、スプリンクラー、屋内消火栓、特殊消火設備等の消火設備全般に関するカテゴリーページです。

消火設備

パッケージ型消火設備を設置することができる条件を図解で解説!

屋内消火栓の代わりにパッケージ型消火設備を設置することができますが、面積、用途、無窓階について様々な条件があります。特に注目すべき点は用途に関しては14項は適用しない、条件については無窓階は適用しない事です。告示に基づいて設置要件を図解しますので視覚的に覚えましょう。
消火設備

パッケージ型自動消火設備の設置について注意すべき点は面積、用途とソファ!?

パッケージ型自動消火設備が設置できる用途と面積、区分について平成十六年五月三十一日 消防庁告示第十三号に基づき解説します。パッケージ型自動消火設備Ⅱ型は易燃性の可燃物が存し消火が困難と認められるものには設置できません。図と写真で具体的に解説します。
消火設備

屋内消火栓の非常電源についていったいどれを選択するの? 非常電源専用受電は選択できる?

屋内消火栓の非常電源で【非常電源専用受電設備】がありますが、高圧で受電するものと低圧で受電するものに分かれています。低圧で受電する場合基本的には第1種分電盤又は第1種配電盤が必要になりますが、一定の区画処理をした場合は第2種やその他のものが使用できます。
消火設備

特定施設水道連結型スプリンクラー設備を設置できる用途は限定される! 設置できる用途と面積について分かり易く解説!

特定施設水道連結型スプリンクラーの設置は非常に限定されており、小規模な(六)項イ(1)及び(2)、(六)項ロに限られます。一般水道の水道圧を利用して放水するものであり、一般のスプリンクラーとは設置の目的自体大きく異なります。
建築基準法関係

【改正建築基準法に対応!】これだけ読めば屋内消火栓の倍読みが理解できる! 用途や建築構造を徹底解説!

屋内消火栓設備は消防法施行令第11条第2項で基準となる面積を2倍、3倍に緩和することが可能であり、このことを「倍読み」と言います。この記事では「倍読み」の条件である建築構造について建築基準法から、基準となる面積を消防法の観点から分かり易く解説します。
タイトルとURLをコピーしました