2019-10

避難設備

避難器具と避難通路の関係性 敷地内の避難通路の幅員の基準を解説!

避難器具の設置根拠条項は消防法施行令第25条第1項各号となりますが、用途や階に応じて適用する避難器具の種類が異なり第2項に定められています。今回ポイントに考えるのは避難空地と避難通路であり必用とされる避難通路幅について解説します。
消防防災NEWS

住宅用火災警報器の電池交換は本当にオススメなのか? 電池交換より本体交換を!

住宅用火災警報器の電池寿命の多くは5年か10年です。いつの間にか電池寿命を経過しており、機能していないなんてこともあります。そんな住宅用火災警報器ですが、電池交換と本体交換それぞれのメリットやデメリット、さらには費用の違いについて解説します。
査察、違反処理実務

内容証明付配達証明郵便が返送されてしまった時の対応、対策を解説!

重要な書類やどうしても相手に伝えたい文書を郵送で送る手法として用いられる手法が内容証明付配達証明郵便ですが、相手に文書が渡らずに返ってくる可能性もあります。もし、文書が返ってきてしまったり、返ってくる可能性が高いと判断した場合についての対応策について解説します。
査察、違反処理実務

消防法設備等未設置違反での告発を解説 警察機関との連携は何をどうするの?

消防法第5条の3第1項命令や消防法第17条の4命令を実施したときに考えることは、「もし命令に従わなかったらどうするべきか」で、終局的には「告発」へと辿り着きます。この記事では、消防機関が告発を行うために警察機関とどのように調整を行うのか、何を調整するのかについて筆者の実体験を交えて解説します。
タイトルとURLをコピーしました