住宅用火災警報器の電池交換は本当にオススメなのか? 電池交換より本体交換を!

住宅用火災警報器に明示される検定マーク 消防防災NEWS

新築してからもうずいぶんと経つけど、自宅の火災警報器って取り換えたことがないや…

本体はキレイな状態だし、電池交換でいいよね。

住宅用火災警報器の電池寿命の多くは5年か10年です。いつの間にか電池寿命を経過しており、機能していないなんてこともあります。そんな住宅用火災警報器ですが、電池交換と本体交換それぞれのメリットやデメリット、さらには費用の違いについて解説します。

電池交換はそんなに安くない!? 住宅用火災警報器は本体交換がオススメな理由

住宅用火災警報器の電池寿命が来たタイミングの多くは設置から10年以上が経過しています。電池交換をすればさらに10年と長期間にわたり使用することができるのでしょうか。結論から言うと問題無く使用できるものもあるでしょう。

しかし、住宅用火災警報器が使用されるタイミングとは「もしも火災が発生していまった時」です。そんなタイミングで不作動が許される訳がありません。万が一のために設置している設備であるため、万全の状態を維持することを強くお勧めします。

それに実は電池はそんなに安くないのです。

安価なPanasonic製の住宅用火災警報器で比較してみます。煙式の本体の金額は1500円前後で購入することが可能です。昔に比べると金額がだいぶ落ち着いた印象を受けますね。こちらのものであれば電池の寿命は10年です。

一方で交換用の電池では1個1200円前後しています。

新品との違いはわずか200円から500円程しか変わりません。金銭的なメリットはそんなに大きくありません。不作動等の故障を心配するよりは新しいものへ本体交換することを強くオススメします。

住宅用火災警報器の本体交換 金額比較で分かる機能の違いについて

住宅用火災警報器の感知器は検定品です。つまり、煙や熱を感知する能力については法令での一定水準の基準が定められており、大きく異なることはありません。

では多くの商品の金額の違いはどこにあるのでしょうか?

答えは感知器性能以外の「付加価値」です。

住宅用火災警報器の付加価値 ➀連動型住宅用火災警報器

無線連動型住宅用火災警報器

ホーチキ SS-2LRA-10HCP3 無線連動型住宅用火災警報器 煙式 3個セット

1つの親機に対して複数の子機を登録することで、1つの感知器の反応を連動している感知器全てに移報することが可能なものです。ホーチキ製の上の商品であれば親機、子機の区別もありません。連動できる感知器の数はメーカーや商品により異なりますが最大グループ数は15か16です。能美防災の「まもるくん」のみ連動最大数が多いです。しかし、一般住宅であれば階段と寝室にしか設置しないため連動数上限になることは少ないと思いますよ。

金額の違いは非連動のものと比べて約3倍ほど高額です。1個辺り5000円以上することが多いです。

最大グループ数の違い

住宅用火災警報器の付加価値 ②カラーバリエーション

パナソニック けむり当番 住宅用火災警報器 SHK38455Y Panasonic

天井に設置する感知器が部屋の雰囲気とマッチしない! そんな不満を解消するために和室色のものも存在します。色違いなだけで、機能面は変わりませんが白色のものよりも2割ほど高額と思って下さい。

住宅用火災警報器の付加価値 ③一酸化炭素の検知

SC-285E 新コスモス電機 火災・CO(一酸化炭素)両対応 住宅用火災(煙式)・CO警報器

火災に加え不完全燃焼による一酸化炭素も検知することが可能なものです。金額面では非連動の煙式のものと比べると10倍近くします(汗)

結論! 安全面優先なら連動型、コスト優先なら単独型で本体交換を!

不可価値の中で私が最も安全性が高まると考えるのは間違いなく「連動型」です。

住宅火災の中でも死亡事故に直結するのが夜間の逃げ遅れです。寝ている時にいかに早く気付けるかが重要になります。連動型であれば、どこかの感知器が作動すればペアリングしている全ての感知器が警報音を発するため、火災出火室以外で寝ていても気づくまでの時間が非常に速いです。

しかし、問題はコスト面です。一般的な100㎡前後の2階建て普通住宅(寝室は2階を想定)であれば階段頂部と各寝室は必ず設置が必要となるため、複数台の設置が必要です。寝室数を3と考えた時、階段と寝室で合計4つの感知器が必用になります。単純に連動型を1台5000円と考えると4台で20000円となり、非連動型の6000円(1個約1500円で計算)より14000円も高額になります。

命を守る設備が10年で20000円と考えれば安いかもしれませんが、火災が起こらなければ無駄とも考えられますね(汗)

もちろん火災が起こらないことを願いながら住宅用火災警報器を設置しますので、無駄になってくれることが1番望ましいです。電池交換より本体交換を、単独型よりも連動型を! コストと安全性を知り納得いく選択をしましょう!

そうそう、NSマーク品は古い規格のものであるため、検定品を選択して下さいね!

「令和元年に本体交換をして、次の交換は令和11年!」覚えやすくていいと思いませんか?


【期間限定価格!】パナソニック 住宅用火災警報器 煙感知式 けむり当番 電池式 10年寿命 大音量の音声でお知らせする 自動試験機能有 国家検定合格品 火災報知器 けむり

コメント

タイトルとURLをコピーしました